初回面談から次回アポのステップは小さく・・・

地域工務店や住宅会社、リフォーム会社の

初回面談で行っている、次のステップというのは

大よそですが下記の通りです

・土地紹介

・現地確認(現場調査)

・プラン作成

・概算見積

・現場見学会

・バス見学会

・OB客訪問(見学)

など、だ思いますが、初回面談のお客様は

基本的に警戒心の方が強くなります。

信用から信頼へ移行させなければいけませんが

そもそも、初回面談だけでは、信用すらされていないことが

多く、そしてその場での盛り上がりで次回アポは取れるものの

時間がたてばキャンセルを食らうのです

これは、見込み度が高いほど起こりえる課題です

ですから、必ず商談が浅い段階での次のステップは

小さくしていく必要があります

まずは信用されないといけません。

この『信用』とは、接触頻度なんです

このi-compass家づくりの羅針盤メソッドは

お客様にアンケートを書いてもらうだけ

そして、その分析結果をフィードバックする。

このハードルの低いアポイントの取得が

これからの商談を優位にそして楽にさせてくれるんです

最初の、『次回アポはハードルを低く』ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA