再現性ってホントに大事です。

i-compass家づくりの羅針盤の福浦です。

ある工務店社長から、何とか助けてくれないか?

こんな連絡が入りました。

ここはあるFCに加盟している会社です。

なかなか業績が向上しないのだそうです。

そこで、私にできることかどうかを見極めに
訪問して話を聴くことになりました。

『実は契約がよくなくどうすればいいかわからない』

この社長は色々と勉強していて
集客や営業に関して知識はあります。

しかし、業績は上がらない。

なぜ?

それはいくらいい話やテクニック、そしてツールがあっても
そのやり方が正しくなければ効果は出ません。

精神論で、やる気を出すコンサルやセミナーは
ありますが、長続きしません。
理由は動機があいまいなんです。

発案者はできても、それを勉強した人は
できない。

いわゆる再現性がないんです。

この再現性が、ものすごく大事。

誰でもできるようになることが大事なんです。

よく考えてみてみれば、FCやVCなどの加盟店は
業績がいい加盟店と、業績の悪い加盟店がいる

同じツールなのに効果が出ない。

そのツールがあるだけでは再現性がないんです。

ブランド力という名目でFC募集していますが
そこに再現性があるかどうかが
ポイントになります。

住宅メーカーのいいところのブランドを掲げる
FC、VCなどがありますが

そもそも、住宅メーカー全体の業界おけるシェアは
たったの約20%です。

住宅業界にはブランドなんて逆に存在しない。

もし存在するとしたら

ブランド=信頼

地域工務店でもこの信頼を勝ち得て
住宅メーカーより効率がいい工務店も
おおく存在します。

いわゆる加盟店の業績の平均値を知る
または、業績のいい加盟店と業績の悪い加盟店の
差を見ることによって再現性のあるFCかどうかを
見極めることができるのです。

住宅営業も同じで、基本的なスキルとモラルは当然必要ですが
成約率に関しては、再現性のあるメソッドがないと効果がありません

もしあったとしても、いっときにすぎません。

冒頭の工務店社長には
再現性のある方法を
集客、契約率の観点からいくつかアドバイス
して、帰路につきました。

早速、効果があったとの報告があり
今後のお手伝いの方向性を

次回話し合う予定です。

再現性があるかどうか?

ここを見極めていくことが
継続的に業績向上のコツになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA