提案力と実体験を通じたインプット

おはようございます。
i-compass家づくりの羅針盤という
統計学・心理学・ラダリング法で顧客分析できる
システムを使って、地域工務店の営業を支援している
コンサルタントの福浦です。

顧客に色々と提案するコツがあります。

それは、インプットを増やすことです。

インプットとは色々な情報を
見たり、体験したりすることです。

例えば、住宅営業の担当者は男性の比率が
多いです。

営業マンの多くは、夜遅くまで仕事をやっている
人が多いです。

私の営業マン時代もそうでした。

成績が上がっていない。

上司、先輩が残っている。

なんとなく帰りずらい。

そんな感じで夜遅くまで職場にいます。
帰宅はおおよそ23;00位が平均的でした。

今はそこまで遅くなるようなことは少ないかもしれません。
IT化が進んで、以前は手書きしていたものがPCで
時短できるようになったことだと思います。

夜遅くなると、昼間が眠くなったり、集中力が
なくなることもありました。

顧客に、満足してもらう提案や、仕事の効率化を図ったり
アイディアをだしたりすることはなかなかできません。

日々の生活で目一杯になります。

この習慣を続けると、仕事の質が悪くなり
創意工夫なんて生まれません。

なにが不足しているかというと、

実体験を通したインプットが不足しています。

具体例を出すと、

早く帰って、日々の奥様の愚痴を聞く。

その愚痴が、家事効率の提案に活かせるのです。

大事なことは、”実体験”を通じたインプットです。

『情報』だけでは、頭でっかちな話になり
コトバに説得力が足りなくなってきています。

このほかには、キレなもの、かっこいいいもの
などの、情緒的な感覚も必要になってきます。

仕事の量が各企業ではまちまちかもしれませんが
この実体験を通じたインプットを意識してみてください。

この習慣が身につくと、色々なアイディアや工夫
そして顧客から支持される提案ができるようになります。

これは、私自身も実際に行ってきたものですが
改めて気づかせてくれたのは、

㈱ワークライフバランスの代表取締役の

小室淑恵さんの、国会でのプレゼンです。

日本人の働き方、を提唱している方です。

その中で、

『たくさん働いているが生産性は日本人が一番悪い』という

一節はもの凄く共感しました。

住宅営業の仕事のことを凝縮して言われているような・・・

ですから、私自身も住宅営業という仕事が

誇りをもってできるような仕組みを作っていきたい

と思っています。

それには、体験を通じたインプットが必要。

実際のコンサルに伺う企業にて、

顧客に同行し商談もしている。

コンサル稼業は、机上の空論的になりがちで

実際に机上のコンサルもいることと思います

しかし、実体験を通じたインプット、を怠らないためにも

時間的制約が許す限り、顧客同行はしていきたいと

思っています。

今。住宅営業マンに必要なことは

この、実体験を通じたインプット、だと思います。

皆さんも意識してみてください。

===========================
i-compass家づくりの羅針盤住宅セールスメソッド

初回面談からの次回アポイントが誰でも取れる仕組み!

興味ある方は、こちらまで
合同会社アトラクトパートナーズ
代表 福浦 祐一
attract@fukuurayuuichi.net
090-8890-3832
=================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA