何を差別化する?・・・

おはようございます。

i-compass家づくりの羅針盤という
統計学・心理学・ラダリング法で
顧客分析できる
システムを使って、
地域工務店の営業を支援している
コンサルタントの福浦です。

差別化?USP?
色々と他社と差別化するハード的な
要素を取り入れている企業が
多いですが実際にはそれは
差別化になっているかどうか?

商品的な差別化を
追求していくと
コストバランスと
ターゲット層が購入可能かどうか
ということにぶち当たります。

耐震性、断熱性、などなどで
いろいろな商品や考え方が
あります。

もちろん大事な側面ですし
大事にしていくべき事柄
ではあると思います。

できればスペック的なものは
高性能に越したことは
ないですね。

家は、命を守るもので
それが大前提です。

ですから、高性能は
もちろん大事です。

せっかくこういう
高性能的な要素を
兼ね備えた商品や
設計をしている企業が
顧客にどのように差別化して
いるかを見てみると、

基本的には自慢話の範疇に過ぎない
事をしていてその自慢話を
手助けするツールを
作成しています。

私自身は技術者ではありませんから
その辺のことは
あまり詳しくはないです。

ですから、その高性能を
売りにしている企業の
事を100%信じています。

顧客にとってはいいことですから。

だけど・・・

もう一つ同時にやっていかなければ
いけない営業のプロセスが
あります。

これが、顧客を理解することです。

この顧客理解を同時していくと
鬼に金棒。

顧客にとっていいこと
ダラケになるからです。

高性能の家と
顧客理解の方法。

この2つを同時にすることで
商品価値とプロセス価値が
生まれてきます。

家づくりのプロセスに
満足していかないと
本当の満足は得られません。

ですから、営業スタッフや
担当者がしっかりと
顧客理解をすることが
大事です。

そして家づくりのプロデューサーに
なるべく役割を果たさなきゃいけません。

そして、アフターの安心安全を
担保できる仕組みが
必要です。

住宅という商材の
差別化は最も難しい商材の
一つかと思いますが
商品的要素の差別化だけでは
選ばれません。

営業プロセスの差別化を
していくことが大事です。

i-compass家づくりの羅針盤の
メソッドは、この営業プロセスの
差別化をしています。

実際に顧客から
『i-compassで考えるプランを見たい』
『それ、それ!』という感想
『i-compassを楽しみにしている』
こんな声をたくさんいただきます。

差別化とは何か?
何と差別化しているのか?

少し考えてみてください。
=================
i-compass家づくりの羅針盤住宅
セールスメソッド

驚くほど顧客が理解できる。
統計学+心理学+ラダリング法で
深層心理を理解し、
提案するものがすぐわかる。
そんな営業メソッドです。

お問い合わせはこちらから

合同会社アトラクトパートナーズ
代表 福浦 祐一
attract@fukuurayuuichi.net
090-8890-3832
ご相談は、まずはメールにてお願いします。
===================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA