約束・・・

おはようございます。

i-compass家づくりの羅針盤という
統計学・心理学・ラダリング法で
顧客分析できる
システムを使って、
地域工務店の営業を支援している
コンサルタントの福浦です。

約束を果たす・・・

顧客との約束を果たすには
100%以上の提案をしていきたいと
思います。

それは、顧客との約束を果たすだけでは
選ばれないということがわかっています。

顧客の思っている『価値』に気づく必要が
あり、そしてそれをわかりやすく具現化していく
ことが必要です。

それには、まずは顧客理解して
顧客の考えている『価値』を
知ることです。

くらしの中での価値を見極めていくのは
難しいことです。

だから、それを実現できたときには
顧客は感動するのです。

その感動を提供していくことが
大事になってきます。

顧客の家づくりには
段階があります。
初期段階は、家づくりのはじめ方を
どうして行くか?という検討段階。

気に入った会社があって
プランや仕様見積もりの段階

そして業者選定の段階に入る。

ここまでで、もうすでに
3~4段階あります。

的外れな提案はこの段階の
どこに顧客がいるかということが
わかっていない時に、
営業マンが、先の段階の提案をしてしまう。

そうすると、見えない先の話に
顧客は警戒心を抱き、そして拒否の方向に
心が向いていしまいます。

検討段階のどの段階か?を
まずは見極める。

その段階の顧客の価値というのは
何なのか?を探る。

そして顕在化してプレゼンする。

この顧客の温度と営業マンの温度が
違うと交わらないのです。

こういう観点で住宅営業を
考えてみることが大事です。

今は、住宅業界は厳しいという
概念が多くを占めています。

大手メーカーの方と話していると
昨対比30%減などというメーカーも
あるそうです。

これでは、営業現場はもっと
顧客との温度差を感じたまま
営業して無理やりのクロージングを
してしまいがちになります。

一番いい温度差は
営業スタッフの方が
顧客の温度よりちょっと暖かい程度が
いいのではないかと考えます。

距離感で言うと
顧客が少し後ろに
ついてくる感じ。

この距離感を保ったままで
成約結び付けていきたい。

それには顧客の『価値』を
知ることから始めていければ
と緒も追います。

=================
i-compass家づくりの羅針盤住宅
セールスメソッド

驚くほど顧客が理解できる。
統計学+心理学+ラダリング法で
深層心理を理解し、
提案するものがすぐわかる。
そんな営業メソッドです。

お問い合わせはこちらから

合同会社アトラクトパートナーズ
代表 福浦 祐一
attract@fukuurayuuichi.net
090-8890-3832
ご相談は、まずはメールにてお願いします。
===================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA