ビジネスモデルとPDCA・・・【2021119】

i-compass家づくりの羅針盤という
統計学・心理学・ラダリング法で
顧客分析できる
システムを使って、
地域工務店の営業を支援している
コンサルタントの福浦です。

コンサルとして
お話させていただいている
クライアントさんから
フィーをいただいている以上
私自身もクライアントさんが
学べないものを学んでいき
そして還元する

このことを考えています。

還元とはクライアントさんの
売上向上が基本的な側面ですが
そのロジックを時流に合わせて
組織論、マーケティング論、セールス論
顧客心理、ものづくり、デザイン、流通デザイン
時流などなど

あらゆる側面から
考える必要性があります。

i-compass家づくりの羅針盤自身は
時代を作るものと自負していますし
機会があってこのお話をするときに
必ずいいものという感触を
お話しする相手から感じます。

ですが、住宅会社でこの感覚を
持っていただいても
即決で導入していただける
会社とそうでない会社があります

色々と考えることはあるかもしれませんが
売上を上げるための営業プロセスで
必ず通らなければいけない
初回面談の生産性を上げる
i-compass家づくりの羅針盤は
必ず生産性を上げるものです

さらに、住宅営業経験が
ない方や

今現在、調子が悪い営業の方に
速攻で効果があるメソッドなのに
即決できなければ
その会社は永遠と
改善できないことになります。

また、i-compass家づくりの羅針盤を
ご案内して

そして、社員にやらせてみて
分析内容に納得いったら
導入する・・・

みたいなことを
要求する会社もあります。

もちろんこれにも要望が
あれば実施しますが

これまでの実績なども
お話したうえで
理解して頂いているにも
かかわらずです。

テストしてみたいということですので
対応していくことを
約束しi-compass家づくりの羅針盤
のアンケートを送りますが
大体が返答がありません。

実はもうすでに6年以上
活用いただいている
クライアントさんが
います。

一番最初にコンサルで
独立したときに
導入頂いたクライアントさんです。

この時にテストされました。

でもテストのされ方が
本気だったのです。

社員20人くらい全員
集めてそしてその場で
i-compass分析。

結構プレッシャーはありましたが
データ通りにお話ししたまでです。

速攻、導入頂き
すでに7年目

i-compassだけということは
ありませんが安定的な
業績で推移しています

されに生産性も安定。

理想ですね。

工務店のビジネスモデルは
日本独特のものです

地域密着企業であるということは
あり続ける必要性があります

そのためには
健全な経営が必要です

健全な経営は
売上が上がらないことには
始まりません。

その売上を上げる最初の
プロセス、初回面談からの
次回アポイント取得率を
モニタリングすることが大事

そして、営業マン任せになっている
初回面談の接客方法を
【仕組】で回していく

これが、ビジネスモデルとPDCAを
回すことにつながります。

ものづくりと
ビジネスモデル
そしてそれを運用するPDCA

大事です。

=================
i-compass家づくりの羅針盤住宅
セールスメソッド

驚くほど顧客が理解できる。
統計学+心理学+ラダリング法で
深層心理を理解し、
提案するものがすぐわかる。
そんな営業メソッドです。

お問い合わせはこちらから

合同会社アトラクトパートナーズ
代表 福浦 祐一
attract@fukuurayuuichi.net
090-8890-3832
ご相談は、まずはメールにてお願いします。
===================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA