スピード感は『信頼』につながる・・・【2021165】

i-compass家づくりの羅針盤という
統計学・心理学・ラダリング法で
顧客分析できる
システムを使って、
地域工務店の営業を支援している
コンサルタントの福浦です。

商談を継続するうえで
スピード感を顧客に合わせていかないと
いけません。

これは、顧客の質問などに対し
レスポンスの速さが求められます。

商談自体のスパンも
なんとなく1週間おき、最近では
2週間おきになっているケースが
あります。

i-compassを実践していると
顧客の性格がわかります。

この性格を見る設問は
いくつかありますが

その回答によって
レスポンスや

商談の商談のスパンを
変える必要性があります。

顧客との距離感や
コミュニケーションの
深度にもよりますが

i-compassのデータによって
商談スパンやレスポンススピードを
変えることが重要です。

顧客自体は
家づくりをするうえで
住宅会社のペースで進んでしまうケースが
ありますが

これは、慣れていないので
『そんなものか』という現象が
受け取られます。

ですから、
”もっとはやくしりたいのに”という
見えない不満の蓄積で
失注するケースは
少なからずあると思います。

一方で
i-compassのデータの中で
気が長い方や優柔不断の方などは
スピード感をせかすと
逆にいけません。

ゆっくり顧客のペースで
商談することですが
気を付けていかなきゃ
いけないことは

もう一つの特性として
最後に聞いた話を『正』とし
いったん決めたことは
肯定し続ける傾向にあります。

また、意思決定が
揺らぐケースもありますから
揺らぐ前に何をするかの
検討も必要です。

つまり、顧客にとって
どんなスピード感が心地いいのか?

このことを見極めて
いくことをi-compassで
できるということです。

結構これって
大事です。

=================
i-compass家づくりの羅針盤住宅
セールスメソッド

驚くほど顧客が理解できる。
統計学+心理学+ラダリング法で
深層心理を理解し、
提案するものがすぐわかる。
そんな営業メソッドです。

お問い合わせはこちらから

合同会社アトラクトパートナーズ
代表 福浦 祐一
attract@fukuurayuuichi.net
090-8890-3832
ご相談は、まずはメールにてお願いします。
===================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA