実践、フレーミング効果の効能の使い方

i-compass家づくりの羅針盤で地域工務店コンサルタントの

福浦です。

以前、日本テレビ系の『目がテン』という番組である実験をしていました

それは、ある動画を見せて

ある変化に気づくかどうかという実験です。

その変化というのは、男女2人が会話をしているのですが
場面切り替えで、きている洋服が変化しているんです。

ただし、その動画を視聴する人にはひとこと声をかけます

『会話に注目してください。』

そして、実験開始

ほとんどの人が、洋服の変化に気づきません。

この洋服の変化とは

男性のシャツの色が全く違う

女性のセーターの色が全く違う

のです。

たった一言、『会話に注目してください』

この言葉だけで、明らかな変化までも
見逃してしまう。

動画を見ている人の視線を追ったカメラでは
話している人物の口元へ焦点が注目していることが
わかりました。

住宅営業での、モデルハウスの案合も同じですね

モデルハウスを案内する前に見どころを
説明する。

一種のフレーミング効果使ってる

そんな事例でした。

解釈が正確ではないかもしれませんが

商談でも、モデルハウスの案内でも
お客様の焦点をいかに、いかに見せ所を
注目させるかがポイントいなりそうです

i-compass家づくりの羅針盤では

顧客が自分自身が欲しい家を発見できる

メソッドになっているのでアポが簡単に取得できます

ご興味がある方はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA